丸幸亭老人のシナにつける薬

アクセスカウンタ

zoom RSS 習近平、米国留学中の娘を呼び返す、一方江沢民徹底打倒に党外人士を 誘う

<<   作成日時 : 2013/02/11 03:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

BBCシナ語版が香港の<蘋果日報>の記事を引用して以下のように伝えている。


习近平要求留美女儿回国读书

しかしその<蘋果日報>もシナ国内版「Twitter」である微博利用者からの情報だと断っているが。

数日前、ある<人民通迅社>と署名したユーザーが、新浪微博上にコメントした。


「重大ニュースだ〜!習総書記の娘が帰国して勉強している。明沢(娘の名)はすでに帰国している。米国人にわれらが次世代が人質にとらえる心配がなくなった。また米国人に子女が取り込まれることも回避できた。」

件の微博はさらに、


「首長(指導者)がよい手本を見せた、より多くの指導幹部はこれに学べ〜!」

ということだが、このコメントは金曜日に削除されたという。


画像

公表されている少女時代の娘と近平の写真



<蘋果日報>の、帰国してどこの大学にいるのか?という問いに、<人民通迅社>署名氏は、


「それは明かせない。指導幹部から秘密にせよといわれた。わたしはすでにこの件で指導幹部から批判された。」

ということで、信憑性は高いのかもしれない。


本年21歳の習明沢は2010年からハーバード大学に留学中である。彼女はハーバードではおとなしくしており偽名を用いているという。

さて、これが事実だとして、それは反腐敗運動における単なる人気取りのパフォーマンスなのか、あるいは本当に娘が人質に取られる事態を予想してのことなのか?

後者だとすると、習は対米関係においてすでにある決心をくだしたことになるのだが・・・・





さてその習近平だが、6日、党外人士との迎春会の席上、「民主による(中共)の監察を強める」と発言したという。


习近平要“尖锐批评”会否引蛇出洞?


その講話は以下のようなものであったらしい。



共産党は、

“要容得下尖锐批评,做到有则改之、无则加勉

党外人士は、

“要敢于讲真话,敢于讲逆耳之言,真实反映群众心声,做到知无不言、言无不尽。”


拙訳

共産党は、「鋭い批判を受け入れるべきだ。誤りがあるなら改め、なければそのような誤りを犯さぬ戒めとする、をなすべきだ。」

党外人士は、「あえて本当のことを話し、あえて耳に痛いことも言うべきだ。大衆の心の声をそのまま反映し、知って言わざるなし、言うならとことん言う、べきだ。」



有则改之、无则加勉は、<論語・学而篇>の引用で、

知无不言、言无不尽は、宋・蘇洵<論衡・遠慮>からの引用である。



こういう教養をひけらかすのは毛沢東がよく用いた手である。とくに相手が文化人、知識人相手にはよく効く一手である。


画像

6日の党外人士との迎春会



しかし、この記事の作者は別の方面から習近平を毛と比較している。

それは1957年の<人民日報>上に掲載された、「中国共産党中央委员会関于整風運動的指示」のなかにも、

在整风运动中,应实行“知无不言,言无不尽;言者无罪,闻者足戒;有则改之,无则加勉”的原则,

(整風運動においては、“知无不言,言无不尽;、言ったものに罪は無く、聞く者は戒めとなし、有则改之,无则加勉”的の原則を実行すべきである。)


今回の習の用語とまったく同じ文言があったのである。これがかの有名な「百家争鳴、百花斉放」略して「大鳴大放」の号令であった。


この中共の号令を信じて発言し、党を批判した民主派、知識人などが後に粛清された。これが「反右派運動」である。これが有名な毛沢東の「陽謀」というもので、蛇を穴からおびき出して撃つ、という政策であった。

記者は、習も毛の顰に倣って同様な「陽謀」を行おうとしているのではないか?としているが、私見ではそうではない。

わたしの考えでは、ここにいう「鋭い批判」は腐敗分子とその象徴である江沢民とその残党に向けるよう党がリードし、そして近く行われる薄熙來裁判への環境づくりをしようというものであろう。そして中共の腐敗問題をすべて薄熙來とその後ろ盾である江沢民にお仕着せ、そして裁判で暗に江沢民問題にも決着をつけるという政治日程である


そしてその上で国家主席の地位に就こうと習は考えているのだ。

まさに智謀知略のある政治家であるといわねばなるまい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
習近平、米国留学中の娘を呼び返す、一方江沢民徹底打倒に党外人士を 誘う 丸幸亭老人のシナにつける薬/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる