テーマ:中共異端思想

【中共異端思想の系譜】その11、異端派粛清

さて鄧小平が党内権力を掌握しいわゆる「改革開放」へ国策変更したのは1978年の十一期三中全会であった。その「凡是派」(すなわち毛派あるいは毛路線維持派)との権力闘争に利用されたのが「北京の春」の「西単民主の壁」であった。その代表的表徴が魏京生の「第五の現代化」(つまり民主化)であった。 しかし三中全会後、鄧小平は「四つの基本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中共異端思想の系譜】その10、異端の異端

しかし周恩来には「批林批孔」への反撃へ費やす時間も力もすでに残されていなかった。ゆえに第四回全人代へ提出されるいわゆる「四つの現代化」政策推進と同様に鄧小平がその肩代わりをすることになった。 とはいっても鄧小平と周恩来はフランス時代の交流はあったにしても、同床異夢ともいうべき思惑の違いはあったであろう。それは実によく鄧小平の現実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中共異端思想の系譜】その9、周恩来

周恩来についてはかって中共中央文献室で周恩来研究に従事していた高文謙氏の『周恩来秘録』(上村幸治訳、文芸春秋社刊、原著は『晩年周恩来』、明鏡出版社、香港)がその権威をもって最近の周恩来観に影響を及ぼしていると思うが、私見ではその周恩来像、すなわち自己保身と晩節を全うすることに汲々として毛沢東に下僕のように仕えた、というのはまったくの捏造…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【中共異端思想の系譜】その8、鄧小平

「中国」では禁書扱いの産経新聞「中国」総局長・伊藤正氏の『鄧小平秘録』上巻(産経新聞社)に李一哲の大字報についてふれた箇所がある。短いので無断で引用する。(313ページ) 「文革当時、中国庶民の生活は貧しく、自由もなかった。74年11月、広州市内に張り出された李一哲(りいってつ)の大字報は、西側からはるかに立ち遅れた現状を憂い、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【中共異端思想の系譜】その6、異端ではない

「李一哲の大字報」は、まず毛沢東への手紙として書かれたことはすでに述べた。その本文には短い手紙が添えられていた。それは王希哲が執筆したものでありその内容は紅衛兵としての「文革」への理念と「毛主席」への期待が述べられていた。 自伝に収録されたその手紙をはじめて読んだが、そこに示されているこの時点での彼の思想的立場は、後の『毛沢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中共異端思想の系譜】その5、光明と暗黒

異端、あるいは中共用語で「反動」または「反革命」の概念は実にあいまいで間口が広い。とくに「反動」または「反革命」の決まった定義があるわけではなく、つまるところ自己に反対するものに「反動」または「反革命」のレッテルを貼り付けるだけというまさにご都合主義なものなのである。 しかし党内批判派、あるいはマルクス主義パラダイム内での反…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中共異端思想の系譜】その2、文革後期の状況

「李一哲の大字報」は現代シナにおける精神的核爆発であった。それは後の1976年「第二次天安門事件」(シナでは「五四運動」をもじって「四五民主運動」と呼ぶ)、79年「西単民主の壁」(あるいは「北京の春」)、胡耀邦失脚の直接の理由となった86年「学潮」、89年「六四虐殺」により収束した天安門学生民主化要求運動と次々と核融合爆発を繰り返すこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中共異端思想の系譜】その1、異端とは

挨拶<半年にわたる中断を経て再開することにします。これはイザ・丸山光三或問集(旧名・マルコおいちゃんのヤダヤダ日記)に連載中のエントリーからの再録です。> 異端とは、「主として宗教用語。正統を自負する教派が、自己の教義に対立する教義を排斥するため、そのような教義をもつ者または教派団体に付す標識。」 「さらに広く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more