<学習粉絲団>が存続できたわけ

<学習粉絲団>というシナ版Twitter「微博(ウェイボ)」のアカウントがあって人気を博していたが閉鎖されたらしい。産経川越記者がなぜ閉鎖されたか記事を書いているが、新聞記者ならむしろなぜそういうアカウントが人気を博していたかを探るべきだろう。 <学習粉絲団>の「学習」とはもちろん「習に学ぶ」と「学習」をひっかけているわけである…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

習近平、米国留学中の娘を呼び返す、一方江沢民徹底打倒に党外人士を 誘う

BBCシナ語版が香港の<蘋果日報>の記事を引用して以下のように伝えている。 ↓ “习近平要求留美女儿回国读书” しかしその<蘋果日報>もシナ国内版「Twitter」である微博利用者からの情報だと断っているが。 数日前、ある<人民通迅社>と署名したユーザーが、新浪微博上にコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平、武装警察を掌握し江沢民派のパワーを削ぐ

中共腐敗の象徴的人物である江沢民の降格が明らかになった1月21日の楊白冰の葬儀だったが、習近平は不参加の予定であったのに急遽参加をしたのは江沢民への面当てだった。 楊白冰の最高官位は、政治局委員であったから、党総書記が参加する必要はなかったにも関わらず習近平はあえて格式を破って参列した。ゆえに他の政治局常務委員もすべて参列すること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平ついに江沢民を引きずり下ろす

このブログの更新を止めてすでに三年以上が過ぎ去った。 この間、ついに習近平が党総書記の地位を移譲され、しかも同時に党軍事委員会主席の地位までその手に掴んだのである。 これまで未知数だったその政治手腕があれよあれよというまに発揮されている。 これを機会に、いささか習近平について述べてきたものとして、またわが国の大方の「中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平の軍事委員会副主席就任と中共異端思想を考える

さてこれまで習近平と中共異端思想を平行してエントリーしてきたが、本来ならこの二つを総括する「まとめ」を書こうと思っていた。 【中共異端思想の系譜】その1、異端とは で以下のように述べておいたことをご記憶であろうか? 「昨年12月、いわゆる「開放改革政策」30周年を記念して当時習仲勳の助手として「李一哲の大字報」の名誉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中共異端思想の系譜】その11、異端派粛清

さて鄧小平が党内権力を掌握しいわゆる「改革開放」へ国策変更したのは1978年の十一期三中全会であった。その「凡是派」(すなわち毛派あるいは毛路線維持派)との権力闘争に利用されたのが「北京の春」の「西単民主の壁」であった。その代表的表徴が魏京生の「第五の現代化」(つまり民主化)であった。 しかし三中全会後、鄧小平は「四つの基本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平、「失われた世代」からでる最初の指導者になるか?

4・<政治的正確> 「中央と一致を保つ」と革命伝統を尊重することが彼のモットーのようです。 「六四虐殺の際は、彼は福建省寧徳県の書記でしたが、ある若い作家が『河殤』(ほとんど死滅した古いシナ黄河文明を捨てて西洋近代文明を取ることを提唱したTVシリーズ。『シナにつける薬』でも取り上げたことがありました)のごときTV脚本を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中共異端思想の系譜】その10、異端の異端

しかし周恩来には「批林批孔」への反撃へ費やす時間も力もすでに残されていなかった。ゆえに第四回全人代へ提出されるいわゆる「四つの現代化」政策推進と同様に鄧小平がその肩代わりをすることになった。 とはいっても鄧小平と周恩来はフランス時代の交流はあったにしても、同床異夢ともいうべき思惑の違いはあったであろう。それは実によく鄧小平の現実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平、選ばれた理由

あまたいる「太子」たちの中でなぜ習近平が選ばれたのでしょうか?それは地方任官中の「表現」(シナ語で「パフォーマンス」)がよく、選定者たちのオメガネにかなったということでしょう。 そしてそれは、彼の指導者としての資質と資格を現しているはずです。 金鐘氏は、習近平の「表現」のいくつかの特徴を列挙しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中共異端思想の系譜】その9、周恩来

周恩来についてはかって中共中央文献室で周恩来研究に従事していた高文謙氏の『周恩来秘録』(上村幸治訳、文芸春秋社刊、原著は『晩年周恩来』、明鏡出版社、香港)がその権威をもって最近の周恩来観に影響を及ぼしていると思うが、私見ではその周恩来像、すなわち自己保身と晩節を全うすることに汲々として毛沢東に下僕のように仕えた、というのはまったくの捏造…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【中共異端思想の系譜】その8、鄧小平

「中国」では禁書扱いの産経新聞「中国」総局長・伊藤正氏の『鄧小平秘録』上巻(産経新聞社)に李一哲の大字報についてふれた箇所がある。短いので無断で引用する。(313ページ) 「文革当時、中国庶民の生活は貧しく、自由もなかった。74年11月、広州市内に張り出された李一哲(りいってつ)の大字報は、西側からはるかに立ち遅れた現状を憂い、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

習近平、ドロップアウトした劉源との差とは?

「習近平は2000年(すでに福建省長)に、82年の基層へ下る選択をした時を回顧して、<おおくの友はわたしを理解しなかった、そして北京の戸籍を放棄しようとはしなかった。文革で苦労をなめたのだから、補償され、そして楽をするべきだ、と考えていた。基層へ下ることを志願したのは劉源と私だけだった>、と述べています。」 劉源は、近平より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中共異端思想の系譜】その7、郭鴻志

李一哲大字報グループのキー・パーソンは郭鴻志であろう。当時、広東人民放送局技術部副主任という職にあった、いわゆる「党員幹部」である。 郭については王希哲もその自伝に詳細には述べていない。また表には出なかったにしても大字報の長大な序文は彼が書いたものであり、つまり量からいえば大字報の半分は郭鴻志に属する。 王希哲の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平、基層から這い上がる

1982年、習近平が中央軍事委員会を辞して田舎の書記からたたき上げた、その経歴を概観してみましょう。 1982―1983年 河北省正定県委副書記 1983―1985年 河北省正定県委書記 1985―1988年 福建省厦門市委常委、副市長 1988―1990年 福建省寧徳地委書記 1990―1993年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中共異端思想の系譜】その6、異端ではない

「李一哲の大字報」は、まず毛沢東への手紙として書かれたことはすでに述べた。その本文には短い手紙が添えられていた。それは王希哲が執筆したものでありその内容は紅衛兵としての「文革」への理念と「毛主席」への期待が述べられていた。 自伝に収録されたその手紙をはじめて読んだが、そこに示されているこの時点での彼の思想的立場は、後の『毛沢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平、基層からたたき上げる

「1982年、習近平は突然中央軍事委員会をはなれ、河北省正定県の県委書記になることを決定しました。当時、耿飆もその選択を理解できず、とどまるよう勧めました。基層に行くなら連隊に行けばよい、なにも地方に行くことはない、と。習近平が意地をはったのは、香港の親共メデイアによれば、ある「父と同輩の地位の高い人」の指導があったともいわれています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中共異端思想の系譜】その5、光明と暗黒

異端、あるいは中共用語で「反動」または「反革命」の概念は実にあいまいで間口が広い。とくに「反動」または「反革命」の決まった定義があるわけではなく、つまるところ自己に反対するものに「反動」または「反革命」のレッテルを貼り付けるだけというまさにご都合主義なものなのである。 しかし党内批判派、あるいはマルクス主義パラダイム内での反…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平、中央権力の栄光と滋味をあじわう

金鐘氏が、習近平の太子党の群のなかでとくに秀でた特徴としてあげる第二点は、その身の処し方です。 1979年に清華大学を卒業した近平は、重大な岐路に立っていました。1978年12月に開かれた十一期三中全会で、中共は「改革開放」に大きく路線を転換しました。 それは鄧小平の権威と胡耀邦の指導が確立された大会でした。 鄧小平の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【中共異端思想の系譜】その4、王希哲の経歴

さてここで王希哲の経歴についてもっと詳しく述べておくほうがよいと思う。自伝に従い以下に簡略する。 王希哲(1948生、四川人)、映画制作技術者の父の転勤にともない武漢、上海をへて広州に転居。 1966年勃発した「文革」では、広州市十七中学(日本の中学高校)の造反派紅衛兵組織「井崗山公社」のリーダーとして積極関与。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平、青春時代の光と影

いわゆる「文化大革命」は、路線闘争、イデオロギー闘争を装った権力闘争でした。そのロジックが外部には理解しがたく、海外左右両陣営とも「文革」の開始から収束までその理解は的外れなものが多かった所以です。 「文革」の開始は、1965年の上海『文滙報』に掲載された「海瑞の免官を論ず」の発表とされていますが、その準備段階…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more