ビルマのシナ化と地政学的影響

メコン川はシナに発しビルマ、ラオス、タイの国境を成しカンボジアを通過してサイゴンを抜けて南シナ海へ流れ込む。

この地域でシナと直接国境を接するのはヴィエトナム、ラオスとビルマである。しかしヴィエトナムは歴史的にシナへの警戒感は強く、近くは1979年の鄧小平の国内政局をにらんだ策略により「懲罰」という名の侵略のため攻め込んだいわゆる「人民解放軍」をヴィエトナム軍がコテンパンに撃ちくだくという快挙をなした。

それゆえかこの国境をこえてのシナ人移民が多かろうはずはない。かなりの交易はあるようであるが。

画像

                ヴィエトナムへ侵略侵攻する中共軍


問題を抱えるのはラオスとおよびビルマであろうが、さてこの両国がどれほどの危機感を有しているのかは定かではない。危機感はもってはいてもなんともしがたいのであろうか。

ラオスは元来が内陸の貧しい小国ゆえシナ人たちへの魅力に乏しいようだ。L君の父親のようにシナ国内の混乱を避けて逃げ込んでくる者達もいたようであるが、ほとんどは首都ビエンチャンに集中し、1975年のインドシナ「解放」時にでも4万5千人を数えるばかりだったという。彼らはほとんどが潮州人であったが、現地名を名乗るものが多く、通婚も普通でラオス人と見かけ上も区別がつかない。

しかしその後の共産化ゆえ、ほとんどの華僑が出国してしまい、1996年の統計では3千人に減少している。

ラオス人は敬虔な仏教徒である。タイであれヴィエトナムであれこの国をだれが支配しようと穏やかに受け入れ静かに暮らすことだけを願っているようにも見える。

L君の仲間であるラオス人たちは皆ひたすら静かな口調で話をする人々である。まことに好ましい印象を与えてくれる人々であるが、シナとヴィエトナムという両大国にはさまれその国の独立はほとんど夢想の域であろうか?

いまでも国境をこえたシナ人労働者が入りこみ、おもに森林伐採、木材加工に従事し、その木材をシナへ輸出しているという。それが現在のおもな経済活動であるらしいのだが、そうであれば遅からずラオスの森林はシナのように丸裸になるのであろう。剣呑な事態である。

またラオスはシナからの出国者のルートとして役割をもっているらしい。わたしの識るある温州人は雲南からラオスをぬけてタイにいたり、そこで難民申請をしたそうだ。理由は当時の天安門事件に関連して指名手配を受けたからというものであったらしいが、その実いわゆる「経済難民」である。もちろん関連業者が関与してのことでありその費用は成功後闇銀行を経由してシナ国内のエージェントに支払ったということだ。


画像

中共との政経関係を発展させる(シナにとりこまれる)ラオスを象徴する、国家主席朱馬利とコキントーとのツー・ショット


さてこの地域でもっとも長い国境でシナと接するビルマ(ミャンマー)について見てみよう。その鎖国政策のゆえ資料は乏しい。前回あげた『海外華人百科全書』(潘翎主編、三聯書店(香港)出版、1998)にたよって述べてみたい。

香港三聯書店は、いわゆる「祖国復帰」以前より中共寄りの出版で有名である。というより中共の経営である、といってしまったほうがよいのであろうか。ゆえにその出版物は中共の意思と意見を反映していると考えるのが常識である。使用に際してプロパガンダと目される部分は避けた。


画像

              メコン川流域の地図を再確認のために


ビルマとシナの国境は2000キロ以上におよび、ビルマ独立(1948年)以後の50年代にやっと確定した。それ以前といえば英国植民地時代であるが、シナおよびインドからの移民が多く、1961年の統計では正式登録したシナ人が8万余、インド人が10万余であったが、1970年にははやくも逆転し、シナ人約13万人、インド人8万余となっている。

ビルマ人は元来雲南のシナ人をPaukphaw(親しい人)と呼び習わしていたようで、外国人として対処する意識はなかったようだ。国が他国の植民地では仕方のないことでもある。

それゆえビルマ国内のシナ人は他のインドシナ諸国とはことなり、いわゆる果敢シナ人Kokang Chinese)が多数を占める。この果敢人がはたして漢・チャイニーズであるかどうかは疑問である。シナ域内のいわゆる「少数民族」であるのかもしれない。しかしシナ歴代王朝は果敢人を自国民として取り扱ってきた。


画像

                      果敢人地域



画像

                     果敢同盟軍兵士


またシナ人回教徒(ビルマではPanthayと呼ばれる)も多いという。彼らは元来フビライ汗にしたがいこの地に駐屯していたアラブ人・韃靼人の子孫と自認しているらしい

清朝時代、かれらが反乱を起こしその鎮圧のために清は屯田兵を派遣したのであるが、そのうちの一人、毛姓の者がその地の女を娶り湖南へ帰還した。その男が毛沢東の祖先であるという。これは余談。

また東トルキスタン独立を図るウイグルの戦士もこの回教徒との助けでビルマへ出国するケースも少なくないようである。

つまりビルマ東北部とシナ雲南は国境というものがまことに曖昧なのである。地勢のせいもあるだろう。

1885年、英国がこの地を占領しインドの一州として以来、同じ英国植民地である海峡植民地(シンガポール、マラッカ)から大量のシナ人が海路押し寄せた。それゆえそれら海峡植民地におおい福建、広東、客家人たちの華僑に占める割合も多い。これら海から来たシナ人はほとんどがラングーンに住み、東北部の雲南人とは別のコロニーを形成している。

彼らは主にビルマにしか産出しない緑色の玉を求めてやってきたものであるが(上海・玉仏寺の玉製の大仏はビルマ由来である)、その貿易に従事するもの以外にも大工や靴職人(広東人)、小商店主(福建人)などの下級経済労働に従事するものも多いという。

1948年のビルマ独立後はインド人は離境しその後をシナ人たちが埋め合わせた。当時ラングーンには200のシナ人学校があったというからそのシナ人社会の規模の大きさが知れる。

1962年、のNe Win将軍のクーデターにより軍事政権が成立しいわゆる「ビルマ式社会主義」をモットーに、軍が企業を管理し国有化を推進するや、30万人のインド人と10万人のシナ人がビルマを離れていったという。

画像

                  Ne Winと鄧小平、1985年


1967年、激しいシナ人排斥暴動が発生する。シナ人街を襲った群衆は殺人放火をほしいままにした。表面上は、「文革」にたいする反感とされているが、事実上は当時極端な食糧危機に面していた国内の不満をシナ人へむけて発散することで危機を乗り越えようとした軍部の煽動によるものだったらしい。

そして現政権に直結する1988年の反政府運動をむかえる。かってのシナ人排斥に怯えたシナ人たちはむろんデモには参加しなかったという。


画像

                    ミャンマー、1988年


反政府運動を血の弾圧で乗り越えた軍事政権が、「ビルマ式社会主義」を否定し市場開放を行うと、タイやシンガポールに逃れていたシナ人たちが大量に回帰し、シンガポール、香港、台湾の資本と結びついた投資活動を盛んに行うようになった。

一方東北部では、果敢人と回教徒が国境一体を支配し続けていた。1990年代になると大量の移民が雲南から流入したという。その数がどれほどに上るのかは定かではない。

また彼らは死亡したビルマ人の戸籍を買い取りビルマ人に成りすますものも多いという。シナ人らしいやり方である。このビルマへのシナ人流入が将来この地域に何をもたらすのかは読者の想像に任せよう。

この地で現在おこっていることは、古代以来連綿と続くシナの拡大化、シナ化といっていいだろう。まさに大室幹雄氏の指摘されたとおりである。

しかしただの歴史の進行と黙視することはできない。中共政権はインド洋への出口をねらってビルマ軍事政権を強力に支持し続けているのは衆知の事実だからである。

このまま事態が推移すればビルマ(ミャンマー)はシナの属国と化すであろう。この地に中共が海軍基地をもつようにでもなれば、中東からマラッカ海峡へ通ずるわがシーレーンはその海域に遊弋するシナの軍艦やUボートの管制を受けることになる。他人事ではないと知るべきであろう。



人気blogランキングへ参加しました。よろしければ応援のクリックをお願いします。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

nihonhanihon
2007年10月07日 21:41
某NOKが珍しく、チベット問題を生活面から抉り取っています。「中国激流」という番組です。
現世利益主義者が金に任せて貧しい信仰心あふれる人々を侵略する図がありありと流れています(リアルタイム)。
nihonhanihon
2007年10月07日 21:49
むしろ、日本式の商売精神で覚えてもらったほうが、チャイニーズ以外にはいいのでしょうけどね。悲しいかな、あそこは中共支配地域・・・。
(エントリー済です)
sarah
2007年10月07日 23:51
ビルマに関しては米の一部が関心を示しているみたいですね~
下院だから影響力無いかもしれまいけど

>死亡したビルマ人の戸籍を買い取りビルマ人に成りすますものも多い
いかにもという感じですね┐(゚~゚)┌
マルコおいちゃん
2007年10月08日 04:57
nihonhanihonさん、
そうですか、犬HKのことですから巧妙に歪曲しているのでは?(老婆心ながら)
できれば添削したいものです。
マルコおいちゃん
2007年10月08日 05:01
sarah姫、
そうですか。しかしあそこには米国も闇社会との関係で手をつけられないのかもしれません。「黄金のトライアングル」と呼ばれる一大ケシ栽培地域がタイ、雲南国境地帯にあるわけで、その供給が途絶えると困るボスたちがいっぱいいるわけですからね。
淡々
2007年10月08日 10:48
博士のブログのコメントに残したのですが、ラオスとシナの国境、ジャングルにラオス ヴェガスと呼ばれるカジノを建設中です。その他にも、貧しい近隣諸国のリゾート地帯を言い値で買いあさり、ギャンブルと売春婦の観光地を構築しつつあります。シナの進出に対し、貧しい近隣諸国はなすすべなしと傍観状態です。アジアの善良な貧しい人たちがもっと苦しめられシナの悪業が顕在化するまで傍観するしかないのでしょうか?シナの暴走に事前にストップを掛ける国際機関が必要に思われます。因みに日本ではこれらは一切報道されてません。かろうじて朝鮮日報が近隣諸国の現状をレポートしてます。
http://www.chosunonline.com/article/20070902000020

NHKの報道スペシャル、見ました。シナの拝金主義を具現化したような200のスーパーマーケットを持ち、チベットでホテルを経営するシナ人がいかにも物欲の権化のような風貌で分かりやすかったです。検閲をおそれたNHKが映像で訴えているのかなと善意に解釈しました。日本人はこのホテルを利用しないようにしましょう。
神谷晃良
2007年10月08日 15:13
>彼らは死亡したビルマ人の戸籍を買い取りビルマ人に成りすますものも多いという。
>この地に中共が海軍基地をもつようにでもなれば、中東からマラッカ海峡へ通ずるわがシーレーンはその海域に遊弋するシナの軍艦やUボートの管制を受けることになる。

それに対して、日本政府はインド洋に於いて給油活動を実施中の海上自衛隊の補給艦を、テロ対策特別法の期限が切れる11月1日をもって撤収させる旨を週明けにも英米軍に通知するそうです。

沖縄に於いては「11万人」にも及ぶ、集団自決強制集会。

その直接的原因首謀者の一人は、民主党小沢一郎。マスゴミ共が安倍潰しの為に騒ぎ立てた「消えた年金」問題等の結果です。マラッカ海峡・台湾海峡のシーレーンが、年金と言う個人の銭金の不安不満による、投票行為の結果から脅かされる。憤懣やるかたない気持ちです。
chengguang
2007年10月08日 16:00
初めて投稿します。古森さんのブログでお名前を知り、貴ブログを読んでいます。ミャンマーは英米に依存したニュースでしか目にする機会がない方が多いと思いますので、投稿しました。
政治経済は支那の弟がヴェトナムその弟がミャンマーという感じでしょうか。経済発展もその順番で進んでおり、1998年に経済制裁が行われなければ、ミャンマーはもう少し発展していたと思います。一般にキィンニュン氏が民主化推進者で、彼を逮捕させたタンシュエ氏は軍強硬派のように西側や日本のメディアでは報じられていますが、キィンニュン氏はネウィン氏の子飼であり、ネウィン氏が存命中、氏の支持を盾に情報を握っていました。タンシュエ氏は中庸な穏健派として登場し、ネウィン氏派の扱い易い人物として議長に推された経緯があります。
経済制裁前は、英国、米国、仏国、シンガポール、日本、タイなどの企業が進出し、雇用の拡大を始めとする経済発展を促進していました。中国製品は安かろう悪かろうで、評判は良くありませんでした。しかしその頃から、マンダレーは支那人(支那本土から来た商売人)が経済を握っていると言われていました。
マルコおいちゃん
2007年10月08日 19:39
淡々さん、
情報ありがとうございました。シナが属国と見なした国にいかに対応するかのよい見本です。国民の大部分がまだその怖さにきづいていません。国内反日メデイアが情報を管制しているからです。風穴があくまでネットでひつこく訴えていきましょう。
マルコおいちゃん
2007年10月08日 19:42
神谷晃良さん、
売国奴・小沢のせいで国益を損することをしっかり明記し訴えつづけて行きましょう。
マルコおいちゃん
2007年10月08日 19:47
chengguangさん、
ようこそ、はじめまして。
はて、どうして古森さんのブログでわたしの名前がでてくるのか釈然としませんが、まあいいでしょう。

ヴィエトナムは弟とするよりシナから投資を奪い取る好敵手と定位したほうがよいと思います。シナへの投資からの撤退先として注目されているからです。
ビルマも元来外敵に対しては敏感な国情のはずですが、欧米の下手な対処でシナの方へ押しやってしまいました。
欧米が外交手段を改めるなら手のひらを返すようにシナとは縁切りをするかもしれません。遠交近攻が古今東西の外交軍事の鉄則ですからね。
chengguang
2007年10月08日 23:59
古森さんのブログに投稿されていないのでしたら私の勘違いです。大変失礼しました。
ヴェトナムに関し、現状ではマルコおいちゃんの見解通りですが、支那に変わる投資先として浮上してきたのは、そう遠い昔ではありません。90年代後半には、驕った政府によるドイモイ政策の変更により、多くの外資が引き上げました。そして、ヴェトナムに変わる投資先として注目されたのがミャンマーでした。
ミャンマーが90年代後半の状態で発展し続けていたなら、日本人の気質に近いところから、ミャンマーに投資する企業は増え続けたと思います。それにつれミャンマー政府の投資・経済施策も改善されていたかもしれません。しかし現実は、マルコおいちゃんのコメントにある通り、『欧米の下手な対処でシナの方へ押しやってしまいました。』
支那国境との状況については、高野秀行さんが書かれている本が、偏見を持たずに状況を活写していると思います。
マルコおいちゃん
2007年10月09日 00:13
chengguangさん、
高野秀行さんという方は存じませんが、どのようなリポートをされているのでしょうか?
chengguang
2007年10月09日 10:30
お付き合い戴き有難うございます。
高野秀行さんは、略歴によると早稲田大学探検部出身で、ミャンマーに関しては、『アヘン王国潜入記』『ミャンマーの柳生一族』などを書かれています。後者はふざけたタイトルとなっていますが、中身は、ミャンマーを見続けている人の内容となっています。
マルコおいちゃん
2007年10月09日 15:36
chengguangさん、
そうですか、早稲田の探検部出身者には数人知り合いがいます。一度は部のテントを借り出したこともありました。もう20年以上も前のハナシですが。

『アヘン王国潜入記』面白そうですね。例の「黄金の三角地帯」の件でしょう。機会を見て取り寄せてみます。
kinny
2007年10月09日 16:21
南シナ海においてベトナムとの間でストレスを抱える中共が、ビルマ側にて別の軍港を欲することは自明だ。
もちろんわが国的冗談人士はその意味がわからないというだろうが、中国は大胆にも海においてさえアメリカに対抗しようとしており、特に自国の南側の領域でのアメリカの強固な活動を半ば公式に苦々しく思っている。

われわれがビルマの軍事政権を援助するのは、そもそも利敵なのだ。

わが国の外務省は統一的な動きができなさ過ぎる。
セクショナリズム的意思が外交ベクトルに及んでどうする。
ナルト
2007年10月09日 18:01
マルコおいちゃんさん、こんにちは。
歴史的経緯や地理も含めて勉強になります。
おっしゃるようにシナが狙っているのは長期的には領土拡大であり、目先はシーレーンを抑えることにあるでしょう。
ビルマ独立に貢献した日本も、その後の同国の変化に対応しきれていないようで、シナにいいようにされていると思います。
本来すべきことをしていない外務省や政治家によって、日本の安全保障が脅かされようとしているという認識を広く日本国民が持つべきですが、そういう視点で報道しているところはないですね。
マスコミも、一ジャーナリストの死のみに拘泥するのではなく、広い視点で論じる良識を持ってもらいたいと思っております。
マルコおいちゃん
2007年10月09日 18:44
kinnyさん、
しかも政局屋が率いる旧左翼政党がもぐりこみイニシアチヴをにぎる名前だけの「保守」政党が参議院で過半数を占め国益を損なおうという状況ではどうにもなりません。
また管轄官庁が国益よりも省益さらには自己の私益が大事では何をかいわんやです。
日本はどこへ漂流するのでしょうか?
マルコおいちゃん
2007年10月09日 18:51
ナルトさん、
こんにちは。メディアは反日の主力ですから日本の国益に反する「報道」ばかりするのは当然ですが、リテラシーの低い民度はどうすればいいのでしょうか?ネットの無力さを前回参院選で思い知ったわけですがどうにも視界が開けてきません。

中共政権の崩壊が速いか日本の溶解が速いかの競争になりそうですが、今のままだと日本自らシナへの輸血を継続しシナの軍拡を支え自らが滅びる道を進みそうで希望があまり持ちにくいのですが・・・。
悲観的観測ばかりになり申しわけありません。

この記事へのトラックバック

  • 南機関とビルマ独立義勇軍…「三十人志士」武人の絆

    Excerpt: ビルマの英雄アウンサン将軍の誕生には皇軍の特務機関が深く関わっていた。秘密基地で軍事訓練を受けた「三十人志士」…そして独立義勇軍の創設。独立への茨の道を共に歩んだ日本人がいた。 Weblog: 東アジア黙示録   racked: 2007-10-07 22:33
  • クーデターの政治学

    Excerpt: 第三世界にしばしばみられる民政と軍政の変遷、クーデターによる軍部独裁を西欧の政治基準で評価して事足りるのか。開発途上国の政治分析には実情に即した柔軟な判断が必要なのではないか。タイの民主政、クーデター.. Weblog: お薦め本!! racked: 2007-10-08 11:28
  • 縁起のレイヤーとロビー活動(ソフトパワーは抑止力になり得るか その4)

    Excerpt: 縁起のレイヤー構造の中で、大きく価値観体系を既定するのは思想レイヤーと経済レイヤー。これら上位レイヤーで大まかな国の形を維持してる。その下の下位レイヤーでは、昔ながらの伝統や日々の生活が営まれる。 Weblog: 日比野庵 本館 racked: 2007-10-09 22:59
  • 日本のユビキタス化(ソフトパワーは抑止力になり得るか その5)

    Excerpt: 下位レイヤーでの権威化したものはなにかというと、人々の生活に密着し、土着化したもの。各国で土着化し、変容した世界宗教もそうだし、服飾文化や食文化や建築文化もそう。文明を下敷きとして、その国の文化を形作.. Weblog: 日比野庵 本館 racked: 2007-10-10 21:54
  • 天照す国 (ソフトパワーは抑止力になり得るか 最終回)

    Excerpt: 「慈悲というものは、強制されるべき性質のものではない。慈悲が空から注いで、この大地を潤すように、まさにそうであるべきなのだ。 ・・・慈悲とはこの権力による支配以上のものであり、王たるものの心の王座に.. Weblog: 日比野庵 本館 racked: 2007-10-11 22:36