テーマ:人口流出

シナ化されない文明の強靭さを

「原則として男たちが中国語を読むことを学び中国人に服を着ることで、それは始まる。しだいに彼らは中国語を話し、中国人の宗教的儀式のいくらかを実行するようになるであろう。そうなると女たちまでが中国語をはなすことを学び、中国人の服を着て、彼女らの足を纏足しさえもするであろう。」 大室幹雄氏が『劇場都市』に引用するH.R.デイヴィー…
トラックバック:6
コメント:23

続きを読むread more

シナ「走出去」政策の形成と発展

アラブ・アフリカへの投資と同時に労働者を送り込み現地の顰蹙をかったり、また観光や商業に役立てたいという地元の利権への誘惑を利用して、世界各地に人工的な「チャイナ・タウン」を創出している中共政府であるが、これらはすべて国家的政策によるものであって決して偶然ではないのである。 それはすなわち「走出去」(外へ歩み出てゆく)戦略という…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ビルマのシナ化と地政学的影響

メコン川はシナに発しビルマ、ラオス、タイの国境を成しカンボジアを通過してサイゴンを抜けて南シナ海へ流れ込む。 この地域でシナと直接国境を接するのはヴィエトナム、ラオスとビルマである。しかしヴィエトナムは歴史的にシナへの警戒感は強く、近くは1979年の鄧小平の国内政局をにらんだ策略により「懲罰」という名の侵略のため攻め込んだいわゆる…
トラックバック:5
コメント:19

続きを読むread more

イタリアへのシナ人流入

メコン川流域へのシナ人流入について述べる前に、過去記事でイタリアへのシナ人流入についてリポートしたものを採録しておきます。シナ人の大移動と受入国のあるべき姿勢への教訓が汲み取れるはずです。 なおこの過去記事は宮崎正弘先生のメルマガに投稿して掲載されたものを『ヤダヤダ日記』に再録したものでした。 尊敬する宮崎先…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

あるインドシナ華僑との会話二題

以前、 シナ文明の構造から生まれる「シナという病」II, http://marco-germany.at.webry.info/200709/article_47.html  なぜシナ人は大移動するか、の記事において、 「流入した圧力は第四の力動的な流れをより圧力の低い南方の西江流域と南西の雲南-貴州の盆地へ送り込む圧力を作…
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more

ピッグ・トレードという名のシナ人奴隷貿易

『東洋の魔笛』ナルトさんとの約束で、「ピッグ・トレード」につきイザ版にエントリーしたものです。 「Sina.com」は「愛国主義」的で反日的なサイトですが、以下のような記事がありました。 【苦力贸易】 http://news.sina.com.cn/vote99/htm/hryms/klym.htm …
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

シナ文明の構造から生まれる「シナという病」II

さて,では何故シナ人は大移動するのか、その原因と理由をさぐることにしましょう。そして、驚くべきことに、その原因と理由が現在シナでおこりつつある状況に近いものであること、つまり近い将来、我々がこの目で見るかもしれないシナ人の大量移民が、もう目前にせまっていることを、最初に予告してしまいましょう。すこし長い引用になります。 「漢・…
トラックバック:4
コメント:6

続きを読むread more