テーマ:マニ教

【シナの変容】 マニ教から明教へ

さて、物語はまた武照・武則天へと帰る。彼女が大周革命、あるいは武周革命を成功させたのが690年であり、その革命イデオロギーが弥勒信仰であったことは、すでに述べた。その武則天を宮廷にたずねたものがいる。ミフル・オルマズドというマニ教徒教師であった。彼は直接に武則天にマニ教義を説き布教を許された。694年のことであった。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【シナの変容】 世界宗教マニ教の東進

マニ教について簡単に述べておこう。マニ教(シナ語では摩尼教と記す)は、ササン朝ペルシア帝国統治下のバビロンに生まれた「世界宗教」であった。バビロンは古代文明の首都であった。 またBC330年のアレクサンダー大王の征服によりいわゆるヘレニズム(ギリシア主義)の波がおしよせた。またBC7世紀の「バビロニア捕囚」いらいそこはユダヤ人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more